咬み合わせ|休日診療(土日診療)も診療の国立市ようこう歯科医院

咬み合わせ

咬み合わせ

顎全体のバランスを踏まえた
咬み合わせの治療を行います。

咬み合わせはお口だけでなく全身の骨や筋肉とも密接に関わっています。
身体のバランスのズレなどから顎の関節に負担を及ぼすこともあれば、また逆に咬み合わせのズレから身体の不調を起こすことも。
例えば歯がないまま放置したり、明らかに合っていない詰め物などによっても咬み合わせのズレは起こります。
初期には顎関節や周りの組織が順応しようとしますがそのまま悪化するとめまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、首や背中の痛みなど現れることもあります。自律神経のバランスが崩れたり疲労感が続くといったこともあるようです。
顎関節の動きを考慮して良い咬み合わせはずらさぬように、重度の虫歯や歯周病で 咬み合わせを作らなくてはいけない時には骨や筋肉のバランスのとれる位置をよく考慮し治療しなければいけません。
当院では「日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医」である歯科医師により総合的な咬み合わせ治療を行っています。

顎関節症

顎が開けにくかったり関節が痛む、音が鳴るなどの症状がある人は顎関節症の疑いがあります。
その原因は複雑で悪い姿勢、習慣、ストレス、急な開口など様々です。
筋肉のうっ血をとり、関節の滑液を循環させるような顎のストレッチや生活習慣のご指導などにより症状を抑えます。
下記のような症状がある方は、一度ご相談ください。

顎関節症イメージ

顎関節症の症状

1.あごに痛みがある
あごを動かすと、あごの関節・頬にある咀嚼筋に痛みを感じる。
あごを動かしていない時は痛みが少ない。
2.口が大きく開けられない
下あごの動きが制限されて大きく口を開けられなくなる。
急に口が開かなくなる場合と、徐々に開きづらくなる場合がある。
口を開けて、指を縦に揃えて2本以下しか入らない時は要注意。
3.あごを動かすと音がする
食べ物を噛んだり、口を開けたりすると「カクン」「ミシミシ」といった関節の雑音がする。

診療案内

  • 虫歯治療

  • 歯周病治療

  • 小児歯科

  • 予防歯科

  • 口腔外科

  • インプラント 

  • 入れ歯

  • だ液検査

  • ホワイトニング  

  • セラミック治療  

  • 咬み合わせ 

  • 矯正治療

診療カレンダー

2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休診日です