中高年になって虫歯になるリスクが高まる理由

国立にある歯医者ようこう歯科です。
今回は、中高年の虫歯について書いていきます。

目次

中高年になると虫歯になるリスクが高まる理由

中高年の虫歯リスク

中高年になると、虫歯になるリスクが高まります。その理由は以下の3つが挙げられます。

歯茎が下がる

加齢とともに歯茎が下がってくると、歯の根元の部分が露出します。歯の根元の部分は、歯の表面を覆うエナメル質よりも虫歯になりやすいため、虫歯のリスクが高まります。

唾液の分泌量が減る

唾液には、虫歯の原因となる菌を洗い流す働きがあります。しかし、加齢とともに唾液の分泌量が減ると、虫歯の原因菌が増殖しやすくなり、虫歯のリスクが高まります。

歯周病のリスクが高まる

歯周病は、歯茎が腫れたり歯がぐらぐらしたりする病気です。歯周病になると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の隙間が広がり、そこに食べカスや歯垢がたまりやすくなります。

歯垢がたまると、虫歯の原因菌が増殖しやすくなり、虫歯のリスクが高まります。

中高年になってからの虫歯予防のポイント

中高年・虫歯予防のポイント

中高年になって虫歯を予防するためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

歯磨きをきちんと行う

歯磨きは、虫歯の予防に最も効果的な方法です。

歯磨きは1日2回、最低5分以上かけて行いましょう。歯ブラシは、毛先が柔らかいものを選び、歯と歯茎の間の隙間までしっかりと磨いてください。

定期的に歯科検診を受ける

虫歯は初期の段階では自覚症状がないため、定期的に歯科検診を受けることが大切です。
歯科検診では、虫歯や歯周病などの早期発見・早期治療につながります。

フッ素を活用する

フッ素は、歯の表面を強くし、虫歯を予防する効果があります。フッ素配合の歯磨き粉やマウスウォッシュを使用すると、虫歯予防に効果的です。

具体的な内容

歯磨きのポイント

歯磨きのポイント

前述のとおり歯磨きは、1日2回、最低5分以上かけて行うのが基本です。
ブラッシング方法は、以下のとおりです。

ポイント
歯ブラシに適量の歯磨き粉をつけ、歯と歯茎の境目から磨き始めます。
ポイント
歯ブラシを45度に傾けて、歯の表と裏を磨きます。
ポイント
歯茎をマッサージするように、歯茎を磨いていきます。
ポイント
舌の表面も磨きましょう。

フッ素の活用法

フッ素配合の歯磨き粉やマウスウォッシュは、虫歯を予防する効果があります。歯磨き粉は、1日2回、適量をつけましょう。マウスウォッシュは、1日2回、30秒ほどうがいをします。

歯科検診の重要性

虫歯は初期の段階では自覚症状がないため、定期的に歯科検診を受けることが大切です。
歯科検診では、虫歯や歯周病などの早期発見・早期治療につながります。

注意事項

歯磨き粉の使用量は、適量を守りましょう。
歯ブラシは、1~3ヶ月に1回程度、新しいものに取り替えましょう。
フッ素は、妊娠中や授乳中の方は使用を控えましょう。

まとめ

中高年になってからの虫歯予防は、日頃の正しい歯磨きと定期的な歯科検診が大切です。
定期的に歯科医院を受信しましょう。

国立近隣にお住まいの方は当院へお越しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次